2012年10月05日

キング オブ ヒルクライム富士山

先日、「キング オブ ヒルクライム富士山」の撮影に行ってきました。

キング オブ ヒルクライム富士山といえば、距離26.5km、標高差1800m、平均勾配6.9%と日本最大規模のヒルクライムレースです。

私は以前、富士スバルラインを登るMt.富士ヒルクライムに出場したことはありますが、こちらは距離24km、標高差1,255m、平均勾配5.2%。
標高550mと平均1.7%の差は全然違う世界なんだろうと思います。
私は、、、う〜ん出たくないですね(笑)

そんなヒルクライムレース、どんな人が出ているんだろうと考えると、「坂フェチ」、「自分いじめがすきな人」でしょうか(笑)

そんな人たちがどういう写真を好むかと言えば、ズバリ「苦しんでいるところ」(笑)
いやいやこれは冗談ではなく、本当にそうだと思います。

そこで、そんな写真を撮るのにコース上のどこに陣取ればよいかと言うと、それは「ヘアピンカーブ」です。
こういった登山道のヘアピンカーブは、カーブが急なのに加えて、ちょうどカーブのところの傾斜がきつくんっているのがおきまりです。
そこではおそらく、ほとんどの人がダンシング(立ち漕ぎ)になるでしょう。

傾斜がきつくダンシングで顔を歪めながら登っていく様を捕らえた写真は、きっと坂フェチ達の心をがっちりとらえるに違いありません。

あと、できれば下界が映り込むよう背景に立木がなく、コーナーの入り口と出口の2方向から撮影できる場所がいい、なんて考えながらプレスバスで登っていったらありましたよ。絶好の場所が。

バスから降ろしてもらい、カメラを用意して試し撮りをすると、狙ったとおりの写真が撮れそうです。
ゴールまで2kmちょとだから、一番苦しいあたりのはず。
いい表情も狙えそうです。

もう一人カメラマンが一緒だったんですが、その人は富士山をバックにという指示で・・・。ええええ?富士山バック?!
この時期の富士山は当然冠雪がありませんし、山の途中から山頂を見ても、ただのデコボコな岩山です。
しかもこの日は台風の影響で雲が多く、ほとんど雲の中です。
それでも彼は路面に這いつくばって撮ってました。えらい!

しばらく待つと、選手達がやってきました。
狙い通り、この区間はダンシングです。
バイクを左右に振ってもがきながら登っていきます。
みんな苦しそうな顔をし・・・あっあれぇ〜?
みんなニコニコしてる!なんかうれしそう???

私の想像を遙かに超える「変態」のみなさんでした。

このレースには、いつも宣材写真の撮影をご発注いただいているReadyGoJapanの選手が2名が招待選手として参加していました。

下山したらちょうどステージで紹介されていたのでパチリ。

AE4R2384.JPG

右の選手は女子の部2位でした。
posted by 写真工房 創 at 08:54| Comment(0) | スポーツ写真

2012年09月27日

オープンウォータースイム大会

先日、2日連続で房総で開催されたオープンウォータースイム大会の撮影に行ってきました。

オープンウォーター、つまりプール(クローズドウォーター)じゃないってことで、海での水泳大会です。

AE4R0890.JPG


場所は、1日目が御宿、2日目が岩井海岸です。
どちらも千葉県を代表する海水浴場ですね。
ここの砂浜をスタートして、短くて400m、長くて4km弱泳いでタイムを競う大会です。

当日は2日とも不安定な天気で、朝に激しい雨が降ったり、真っ黒な雲が湧いてきたりと、精密機械(カメラ)を扱う者としては不安です。
私たちが使うプロ仕様のカメラは、防塵防滴になっていますので、多少の雨ならカバーをつけずにそのまま使用します。
中には、けっこうな大降りでもそのまま使っている人もいますが、私はレインカバーをつけます。
壊れたら、修理代はともかく、その日の撮影ができなくなる可能性がありますから。
もちろん2台持っていますが、どちらも壊れてしまったら。
雨はその可能性がありますから。

幸いにも競技中は、大降りの雨は降らなかったので助かりました。レインカバーをつけるのは面倒だし、機動性が落ちますので。

水泳大会の撮影といっても、泳いでいるところは撮れません。
撮っても、誰だかわからないですから。
オリンピックの水泳の中継でも、〇コースが誰っていってもらわないとわからないでしょう。
泳ぎ終わって、波打ち際をゴールに向かって走ってくる姿を撮影するのです。
実はこれがけっこうかっこいい。
水しぶきをバシャバシャ跳ね上げながら走る姿は、マラソンとは違ったカッコ良さがあります。
絵的にも水しぶきがいい演出をしてくれます。
みんな泳ぎで疲れているでしょうが、泳ぎ切った満足感なのかとてもいい笑顔で海から上がってきます。
応援してくれる人たちに手を振ったり、ガッツポーズをしたり、けっこういい写真が撮れるのです。

ところが2日目は主催者様が、選手に向かって「水泳大会なので、陸に上がってからは追い抜き禁止。ゆっくりゴールするように。」と言ってしまったために、ほとんどの人が下を向きながらゆっくり歩いて上がってくるようになってしまいました。
これでは、まったくいい写真が撮れない。
趣旨は理解できますが、やはりゴールまでがレースだし、応援している人もいる場所なので、ここは走ってほしいですよね。

今回のスイムレースを撮影して思ったのは、女性の活躍がすごいこと。
レース自体、男女混合で行われるのはマラソンと一緒ですが、マラソンより総合上位に食い込む女性の割合が多い(女性参加者比)んです。というかトップが女性のことも。
高校生くらいの女の子も大人の男性に混じって大活躍していました。
女性の方が遠泳に向いているのでしょうかね。

D06P0909.JPG
写真は大会とは関係ありませんが、かわいかったので思わずパチリ。将来の女性トップアスリートかな!?
posted by 写真工房 創 at 11:17| Comment(0) | スポーツ写真

2012年09月21日

料理写真と店内、店舗写真

更新がだいぶ空いてしまいました。

先日、2日連続と間を置いて1日、料理写真の撮影に行ってきました。
それぞれ違うお店です。つまり3軒ですね。

1回の撮影は6〜8時間程度ですが、その間、おいしそうな料理を撮影し続けるのはつらいものです。
正直、食べることに関しては、好きな方なので(笑)。
イタリアンのお店2軒と日本食のお店1軒あったのですが、特にイタリアンはつらいです。
日本食より匂いますから。

ある日のイタリアンの撮影なんか、お昼になにも食べずに行ってしまったから、もう食べたくて食べたくて。
そのお店はショッピングセンターの中にあったので、フードコートか何かでちょこっと食べられるだろうと思って行ったのですが、周りにフードコートはないし、めずらしく渋滞にはまって時間はないわで、結局食べられなかったのです。

それでも淡々と撮影を続けなければならないのが、カメラマンのつらいところですね。

余談はさておき、今回の撮影では写真をホームページに載せさせていただけることになりました。
クライアント様に感謝です。

まず、料理の写真。


679A9302.jpg

おいしそうですよね。
コーンやベーコンがキラキラしていて、とてもおいしそうに撮れたと思います。
部分拡大写真がこれ
679A9302-1.jpg

それと店内(イタリアンとは別のお店)
679A9732-1.jpg

照明を効果的に使った、とても雰囲気のあるお部屋なんですが、写真でそれを再現するのはとても難しいんです。照明の効果を生かしつつ、ハイライトを飛ばさず、シャドウをつぶさずにうまく撮れました。
一般の方がデジカメで撮っても、なかなかこうは撮れません。

夕暮れ時の店舗外観です。
679A9895-1.jpg

これも照明を効果的に使って、レトロな感じのとても雰囲気のある外観ですよね。
これもハイライトとシャドウをうまくコントロールできました。
暗いところをよく見てください。
ちゃんとつぶれずにディテールが残っています。
空もいい感じですね。

同じ写真は、写真工房創ホームページの「広告写真」に掲載しています。
というか、今までなかったページなんです(恥)が、今回を機に作成しました。
posted by 写真工房 創 at 17:12| Comment(0) | 広告写真