2012年05月04日

同窓会写真

先日は、某中学校の同窓会の撮影でした。
卒業してから30ウン年、数年ごとに開催されているようです。
私の中学校なんか、25年くらい前に一回やったきり(と思う)。
うちはもう無いんだろうなぁと思いつつ、大変羨ましく思いました。

で、そのくらいの年齢の方たちの宴会といえばやはり和食ですが、和食のお店の宴会場って写真撮影には適さない場合が多いんです。

具体例を挙げますと、

外光があまり入らず、照明も暗い場所が多いこと。
天井や壁が白以外の、茶色とか、緑色とか、反射が少なく反射光に色がついてしまう(注)素材であること。
注:色かぶりって言います。
二間ぶち抜きとかだと、天井が鴨居で仕切られてしまっていること。
椅子ではなく座布団で、顔の位置が低いこと。
壁側の人の後ろを通れないことが多いこと。

などです。

今回は、すべてが当てはまっていました。
しかも4間続きの80人部屋です。縦に長いこと。

ご依頼を受けたからには、お金をいただくだけのクオリティで写真を提供しなければなりません。
言いわけは通用しないのがプロの世界です。
コンパクトカメラで撮ったような写真では、お金はもらえません。

光をいきわたらせるためストロボの多灯撮影を試みましたが、広すぎて光が届ききらないばかりか、ストロボ同士がうまく連動しません。
大きなストロボも用意して行きましたが、シャッターを押す度に部屋中がピカっと光ったんじゃ興ざめでしょうから使うのをやめました。
やむなく、集合写真以外はストロボなしの高感度撮影でいくことにしました。
RAWで撮って、後から明るさや色の具合を調整することにしました。
ただ、シャッタースピードをあまりあげられないので、手ぶれと被写体の動きには要注意です。
これがいくらRAWでも修正できませんので。

結果、参加者のみなさんの自然な笑顔をたくさん撮ることができました。
ストロボを焚くとみなさん構えてしまいますが、ストロボなしなら、ちょっと離れた所から気づかれずに撮影することができますからね。楽しそうなお話を邪魔しなくて済みます。

2時間で2百枚ほど撮影して、そのほとんどを納品させていただきました。


posted by 写真工房 創 at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 記念写真

2012年04月18日

花嫁祭り

日曜日は、高滝神社の花嫁祭りでお仕事でした。

花嫁まつりは、高滝神社の春季例大祭で行われる神事です。この1年間に結婚した花嫁が仲人に付き添われ花嫁姿で参詣し子授祈願・家内安全を祈願します。これは氏子内に来た花嫁がご結婚の報告と感謝の心を捧げる行事です。同時に稚児行列も行われます。

とあります。

今回は4組の花嫁、花婿が参加していましたが、そのうちの2組から依頼を受けて、祭りでの花嫁の様子やご家族との集合写真を撮影してきました。

今年は天気がまあまあで、開花が遅れた桜の花がまだ残っているという例年にない絶好の撮影日和。
準備を終えた花嫁花婿さんのスナップ写真や家族との集合写真を撮影しながら、神社からの迎えを待ちます。

017f0e14-s.jpg

猿田彦さんに連れられて神社に向かいます。
周りにはものすごい数の熟年アマチュアカメラマンが。
なにかコンテストでもあるのでしょうか。とても熱心に撮影していました。
熱心すぎて、邪魔だったりしましたが・・・。
まるでアイドル歌手になったような気分だったのでは?

鳥居をくぐり、神社の急な階段を登ったら、神社を一周して拝殿に入り、お祓いをしてもらいます。

そのあとは4組揃って記念撮影。
e2e0e622.jpg
向かって右側の2組が私が担当した花嫁花婿です。
他の2組にもどこかのプロカメラマンが付いてましたね。

この後は、私が担当した2組は拝殿前でご家族と記念撮影をしました。

そのうち1組はうちのスタジオまでで来てもらい、本人たち、おばあちゃんと、ご家族と撮影です。
花嫁さんは白無垢を着たいということでしたので、こちらで白無垢を用意しました。
花婿さんも紋服を着てもらい、花嫁祭りとはまた違った記念に残る写真になりました。さんの
おばあちゃんも大喜びでしたよ。
posted by 写真工房 創 at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 記念写真