2012年09月07日

余命宣告のわんちゃんとご家族

わんちゃんとそのご家族が来店されました。
ゴールデンの高齢のわんちゃんで、獣医さんに余命宣告を受けてしまったのだそうです。

どんどん足腰が弱っており、大きな体をささえることが出来なくなってきているようでした。
なんとか歩ける今のうちに、写真を撮っておこうと急遽来店されたのです。

お子さん二人を含めて4人+1匹で家族写真の撮影です。
お座りも、短い時間しかできませんし、体重は30kgもあるそうなので、人間が支えるのも大変です。

目も弱っているので、当店の特徴でもある「定常光」での撮影です。
今回は人数が多かったので、定常光だとどうしても光が不足気味です。
フラッシュを使いたいところですが、ぴかっとやってしまうのは、あまりにもかわいそうで、ご家族からも「できればフラッシュなしで」というご要望でした。
光が足りない分は、現像時に調整することにしました。

なんとか家族2カット、お子さん二人と1カット、わんちゃんだけ1カットを無事撮影終了。

わんちゃんだけの写真は、支える手を離したほんの一瞬を狙って撮影。
とても穏やかな、いい表情のわんちゃんが撮影できました。

お子さんとの写真では、3人(2人と1匹)の表情や目線がどうしても揃わないので、おにいちゃんを合成することにしました。
わんちゃんがつらそうで、何カットも撮れませんから仕方ありませんね。
合成したら3人がとてもいい表情で仕上がりました。
お子さんの年齢的に、小さいときからずっと一緒に、3人兄弟のように育ったに違いありません。

わんちやんとのいい思い出を残すお手伝いができたのなら、私たちはとても光栄です。




posted by 写真工房 創 at 14:56| Comment(0) | ペット写真
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: