2012年08月28日

風俗用宣材写真

ある地元の風俗店さまから、宣材写真の撮影をご依頼いただきました。

なんでも、以前横浜の方のカメラマンにお願いしたところ、300枚くらい撮ってくれたそうなんですが、いいものが一枚もなかったそう。
話をよく聞くと、たた女性を撮っただけらしいんです。
こういった業種での宣材写真は、その女性の魅力をめいっぱい引き出した写真で無ければなりません。
とくに最近では、ネットで写真やシステム(料金)を見て決める人が多いようで、男性が引きつけられるような宣材写真でなければ集客に貢献できないのです。

東京にこういった専門の写真館があるのですが、「こんな身近にもあるとは知らなかった」そうです。

3名さまということでお待ちしていると、おいでになったのはすべてアジア系外国人の方。
まだ来日して日が浅いのか、日本語がまったく通じません。
いい写真を撮るには、カメラマンとモデルの親密なコミュニケーションが不可欠なんですが、今回はそれができません。
とりあえず身振り手振りで、ポーズも自分でやってみせて(恥)まねをしてもらったのですが、やはり細かな調整をしないといいポーズがとれません。
うちのヘアメイクさんは、ヘアメイクが忙しくて手が離せないないので、仕方なく手足を直接私が動かしてポーズの調整をさせてもらいました。

こういった女性の魅力を強調したポーズはみんなそうなんですが、はっきり言って苦しい態勢です。
だからなかなか理想的なポーズをとれないし、長く続けてもらえません。
撮影は、短い時間でポーズをきめて、表情を作って、シャッターを押してとテンポよくやる必要があります。
やはりこれもよく言われる引き出しの多さとノウハウが必要ですね。

オーナーの方は、「いい写真が撮れた。これで東京まで行かなくて済む。これからも新人が入ったら頼むよ。」と言ってくださいました。
posted by 写真工房 創 at 09:33| Comment(0) | TrackBack(0) | グラビア・宣材写真
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57846967

この記事へのトラックバック