2013年02月25日

市原市ちびっこサッカー大会

土曜日は、あるところからのご依頼で、市原市ちびっこサッカー大会の撮影に行ってきました。

地元市原のサッカー大会ということで、辰巳や五井、ちはら台といった、聞き慣れた地名のチームが名を連ねています。
また私の場合、子供が小学生の時にサッカーをやっていましたし、今でもそのサッカーチームからお仕事をいただいていますのでなおさら身近に感じます。
会場であるスポレクパークも、何度か撮影にお邪魔している場所です。

ちびっ子サッカーということで、10分ハーフです。
急いで撮影しないと、すぐに終わってしまいます。

それと小さな子の場合、どうしても固まりやすいので、なかなかシャッターを押すチャンスが無いのも特徴です。
固まってしまうと、後ろ姿ばかりになってしまいますから。
それでも最近の一年生はとても上手で、うちの子の一年生の時とは比べものにならない気がします。
パスこそなかなか通らないものの、ドリブルで運ぶなんてシーンが何度もありました。
もちろんそれは、願っても無いシャッターチャンスです。

今、地元のサッカーチームのアルバム作成のお仕事をいただいております。
そこで思うことは、低学年時の写真がなかなか無くて残念だということ。
6年生になった立派なプレーの写真もいいですが、小さな時のかわいいプレーも大切な想い出です。
6年生の写真と低学年の写真を並べると、感慨も一塩ですよ。

ビデオを撮っている父兄の方はよく見かけますが、写真は少ないですね。
写真の場合、機材は高いし、撮るのが難しいので、なかなか手が出せないと思います。
そんな時、私たちプロカメラマンにご用命ください。

毎試合はお金が大変ですが、1年に1回でもいい写真が残せるといいですよ。
posted by 写真工房 創 at 16:56| スポーツ写真