2013年02月12日

東北のマラソン大会での出来事

福島県いわき市小名浜で行われた「いわきサンシャインマラソン」の撮影に行ってきました。
小名浜はご存じの通り、東日本大震災で津波の被害にあった場所です。
津波の高さはそれほどでも無かったとはいえ、多くの車を押し流していく津波の映像をご覧になった方も多いと思います。

そんな小名浜で開催されるマラソン大会の撮影を依頼され、前泊して行ってきました。

小名浜はすでに「普通の生活」を取り戻しているように見えました。
ただ、港近くは空き地が多いということと、やけに建物がきれいでした。
それと、港に停泊していたタグボートも真新しい。
そんなことが津波の影響なのかなと思われました。

撮影の準備をしながらボランティアスタッフのおばちゃんに「いい天気ですね」と挨拶をすると、「これ食べて」と飴をくれました。
「大阪のおばちゃんか?」と思いながらも、これから食べる暇も無くなるのでありがたくいただきました。

そんなやさしいおばちゃん達に囲まれながらの撮影開始です。
すると、何度もマラソン大会の撮影をしている私がはじめての出来事が・・・。

なんとギャラリーのおばちゃんが「撮影してますよ〜。ガッツボーズして〜。」と大声で叫んでくれたのです。
そのうち、ボランティアスタッフのおばちゃんたちまでもが同様に声をかけはじめました。

我々の撮影にはアルバイトスタッフがついて「声がけ」をすることがあるのですが、ギャラリーの方がランナーに声をかけてくれたのは初めてです。
その方いわく、「せっかく写真撮ってるのにもったいない」んだそうで、声がかれるまで叫びつづけてくれました。

おかげで、多くのランナーの方がこっち(カメラ)を向いて笑顔でガッツポーズをしてくれました。
私は、そのランナー達を可能な限り補足しました。

東北の、被災地の、やさしいおばちゃんたちに、逆に「力」をもらったカメラマンでした。

posted by 写真工房 創 at 18:18| スポーツ写真