2012年10月11日

保育園運動会

先日、東京のある保育園の運動会の撮影に行ってきました。
保育園ですから、1歳から5歳までのお子さんがいらっしゃいます。

今回は、卒業アルバム制作委員会さまからのご依頼です。
保育園からではないので、若干、園との調整がうまくいきませんでした。

役員のお母様がプロカメラマンに求める写真は、当然ながら「一般の父母が撮れない写真」です。
よって園庭のトラック(園児がリレーとかで走る楕円)内に入っての撮影を希望されました。
しかし園長先生は、「トラック内に入っては困る。理由は特に1・2歳児がびっくりしてしまうから。」
ということでした。

この園では、運動会にプロカメラマンが入った経験がないのかもしれません。
一般の父母席にカメラマン席が用意されており、そこで撮影すると思ったらしいです。

トラック内に入らないことを約束し、カメラマン席から離れてトラックの外側から撮影することは、なんとか許可をいただきました。

運動会がスタート。

選手宣誓などはカメラマン席から撮影しましたが、演技はトラックの外側をぐるぐる回りながら、徒競走やリレーなどは、父母席とは反対の場所から撮影しました。
父母の方には撮影できない写真を撮るためです。
もちろん場所だけでなく、ワイドレンズや望遠レンズなどの機材を駆使して父母の方には撮影できない写真を撮影していきます。

それともう一つ、幼稚園や保育園での撮影で重要なのは、「全員を均等に撮影すること」です。
これは、卒業アルバム制作委員会の方からも要望されています。

撮影した写真を親御さんが見た時、「うちの子の写真がない。」「〇〇ちゃんはたくさんあるのに、うちの子は1枚しかない」など、がっかりさせてしまうからです。
また、これがクレームにもつながります。

ただ、今回の撮影はカメラマン一人だったので、正直すべて均等とは行きませんでした。
というのも、一つの演技で二つ以上の種目が同時に行われるものがいくつかあり、みんなを均一に撮影することは不可能だったのです。

たとえば、右に一本橋、左に跳び箱があり、二人の園児がまったく同時に跳んでしまうケース。
一番いい「跳んだ瞬間」は2つ同時に撮影できませんね。
ほかにも出演する演技があるので、そこで埋め合わせするしかありません。

みんなのいい表情、いいシーンを残してあげたい。
でも、一人では限界がありました。

園庭の中を動き回って撮りまくっている私を見てくれてなのか、終わりの方の演技では園長先生みずから「こっちからこっちに向かって園児が走りますから」とか、「このシーンを撮ってください」など、積極的にお声がけしてくださいました。
また終了後には、「朝はうるさいことを言ってごめんなさいね。」と言ってくださいました。

ありがたいお言葉に、努力が報われた思いでした。

それと父母会の方には、来年はぜひカメラマン2名でとお願いしておきました。
posted by 写真工房 創 at 11:42| Comment(0) | イベント写真

2012年10月05日

キング オブ ヒルクライム富士山

先日、「キング オブ ヒルクライム富士山」の撮影に行ってきました。

キング オブ ヒルクライム富士山といえば、距離26.5km、標高差1800m、平均勾配6.9%と日本最大規模のヒルクライムレースです。

私は以前、富士スバルラインを登るMt.富士ヒルクライムに出場したことはありますが、こちらは距離24km、標高差1,255m、平均勾配5.2%。
標高550mと平均1.7%の差は全然違う世界なんだろうと思います。
私は、、、う〜ん出たくないですね(笑)

そんなヒルクライムレース、どんな人が出ているんだろうと考えると、「坂フェチ」、「自分いじめがすきな人」でしょうか(笑)

そんな人たちがどういう写真を好むかと言えば、ズバリ「苦しんでいるところ」(笑)
いやいやこれは冗談ではなく、本当にそうだと思います。

そこで、そんな写真を撮るのにコース上のどこに陣取ればよいかと言うと、それは「ヘアピンカーブ」です。
こういった登山道のヘアピンカーブは、カーブが急なのに加えて、ちょうどカーブのところの傾斜がきつくんっているのがおきまりです。
そこではおそらく、ほとんどの人がダンシング(立ち漕ぎ)になるでしょう。

傾斜がきつくダンシングで顔を歪めながら登っていく様を捕らえた写真は、きっと坂フェチ達の心をがっちりとらえるに違いありません。

あと、できれば下界が映り込むよう背景に立木がなく、コーナーの入り口と出口の2方向から撮影できる場所がいい、なんて考えながらプレスバスで登っていったらありましたよ。絶好の場所が。

バスから降ろしてもらい、カメラを用意して試し撮りをすると、狙ったとおりの写真が撮れそうです。
ゴールまで2kmちょとだから、一番苦しいあたりのはず。
いい表情も狙えそうです。

もう一人カメラマンが一緒だったんですが、その人は富士山をバックにという指示で・・・。ええええ?富士山バック?!
この時期の富士山は当然冠雪がありませんし、山の途中から山頂を見ても、ただのデコボコな岩山です。
しかもこの日は台風の影響で雲が多く、ほとんど雲の中です。
それでも彼は路面に這いつくばって撮ってました。えらい!

しばらく待つと、選手達がやってきました。
狙い通り、この区間はダンシングです。
バイクを左右に振ってもがきながら登っていきます。
みんな苦しそうな顔をし・・・あっあれぇ〜?
みんなニコニコしてる!なんかうれしそう???

私の想像を遙かに超える「変態」のみなさんでした。

このレースには、いつも宣材写真の撮影をご発注いただいているReadyGoJapanの選手が2名が招待選手として参加していました。

下山したらちょうどステージで紹介されていたのでパチリ。

AE4R2384.JPG

右の選手は女子の部2位でした。
posted by 写真工房 創 at 08:54| Comment(0) | スポーツ写真