2012年05月30日

高滝神社花嫁まつりの写真

お客様から、掲載OKをいただきました。

当日は天気に恵まれ、多くの人が見に来ていました。
とくに驚いたのが、アマチュアカメラマンの多いこと。
それもなぜか熟年の方が圧倒的!
b01effc4.jpg

二人が行く先には、多くのカメラマンが待ち構えて、カシャカシャとシャッターを切っています。
まるで、スター気分だったのでは?

de941c13.jpg
こちらはご本人たちから依頼を受けて撮影しているわけで、アマチュアの方には少々ご遠慮願って、優先的に撮影させてもらいます。

bb6f5a1e.jpg

今年は桜の開花が遅れたために、この時期でも花が残っていました。
路地裏で見つけた桜の花をバックにパチリ。
お二人ともとてもいい笑顔ですね。
posted by 写真工房 創 at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 結婚式写真

2012年05月22日

レストランウエディング

先日、千葉の太東にある「SEA SONG」というレストランで行われたウエディングパーティの撮影に行ってきました。
「SEA SONG」は、サーフィン好きのオーナーが自ら建てたログハウスのレストランです。
70875b8e.jpg

サーフポイントのすぐ近くにあるので、お客さんもサーファーの方が多いようです。
今回ここで、ウエディングパーティを開いたカップルも、サーフィンを通じて知り合ったのか、集まったご友人たちもサーフィン仲間が多かったようでした。

そんなとても雰囲気のあるレストランなので、照明はとても暗く、カメラマン泣かせです。
照明をすべて点灯してもらっても、う〜ん暗い(泣)。
天井はログハウス特有の高く傾斜したもので、色も茶色なのでバウンズが使えません。
暗い部屋でクリップオン1台のみで撮影すると、被写体以外が真っ暗になってしまいます。
それだけは避けたいですからね。

しかも部屋が小さめに区切られているので、ストロボを炊くとしたら、何セットも必要です。
クリップオン3台とモノブロック3台を持って行ったので、2部屋なら可能ですが、出席者が多いために何室も使用するそうなので足りません。

それでもなんとかしなければということで、お二人が座る席のある部屋だけ、クリップオン2台をスタンドにワイヤレスでセットし、1台をカメラに装着して撮影することにしました。
86aa9589.jpg
その他の部屋はそのカメラに付けた一台のみで撮影です。
幸い、お二人が座る部屋以外は外光が多少入るので、それで何とかなりそうです。

屋外のテラスも使用するのですが、そこは光がいい感じに入っているので自然光のみで大丈夫でした。
e95bca94.jpg
ただそれも、太陽が出ているうちだけでしたが・・・。

セッティングが完了したら、お二人と近くの砂浜で撮影です。
砂浜とウエディングドレスの組み合わせは、とてもいい感じです。
サーファーたちが祝福してくれました。

その後はいよいよパーティの始まりです。
出席者は70名くらいでしょうか。
パーティが始まって二人が現れると、もう人がいっぱいで身動きがとれません。
それでもなんとか人を掻き分けての撮影です。
86aa9589.jpg

出席者にお酒がまわってくると、ものすごい盛り上がり。
この後はとても書けません(笑)




posted by 写真工房 創 at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 結婚式写真

2012年05月04日

同窓会写真

先日は、某中学校の同窓会の撮影でした。
卒業してから30ウン年、数年ごとに開催されているようです。
私の中学校なんか、25年くらい前に一回やったきり(と思う)。
うちはもう無いんだろうなぁと思いつつ、大変羨ましく思いました。

で、そのくらいの年齢の方たちの宴会といえばやはり和食ですが、和食のお店の宴会場って写真撮影には適さない場合が多いんです。

具体例を挙げますと、

外光があまり入らず、照明も暗い場所が多いこと。
天井や壁が白以外の、茶色とか、緑色とか、反射が少なく反射光に色がついてしまう(注)素材であること。
注:色かぶりって言います。
二間ぶち抜きとかだと、天井が鴨居で仕切られてしまっていること。
椅子ではなく座布団で、顔の位置が低いこと。
壁側の人の後ろを通れないことが多いこと。

などです。

今回は、すべてが当てはまっていました。
しかも4間続きの80人部屋です。縦に長いこと。

ご依頼を受けたからには、お金をいただくだけのクオリティで写真を提供しなければなりません。
言いわけは通用しないのがプロの世界です。
コンパクトカメラで撮ったような写真では、お金はもらえません。

光をいきわたらせるためストロボの多灯撮影を試みましたが、広すぎて光が届ききらないばかりか、ストロボ同士がうまく連動しません。
大きなストロボも用意して行きましたが、シャッターを押す度に部屋中がピカっと光ったんじゃ興ざめでしょうから使うのをやめました。
やむなく、集合写真以外はストロボなしの高感度撮影でいくことにしました。
RAWで撮って、後から明るさや色の具合を調整することにしました。
ただ、シャッタースピードをあまりあげられないので、手ぶれと被写体の動きには要注意です。
これがいくらRAWでも修正できませんので。

結果、参加者のみなさんの自然な笑顔をたくさん撮ることができました。
ストロボを焚くとみなさん構えてしまいますが、ストロボなしなら、ちょっと離れた所から気づかれずに撮影することができますからね。楽しそうなお話を邪魔しなくて済みます。

2時間で2百枚ほど撮影して、そのほとんどを納品させていただきました。


posted by 写真工房 創 at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 記念写真