2011年11月24日

宣材写真

本日は、占い師さんの宣材写真(宣伝材料用写真)を撮影させていただきました。
新しくホームページを開設するので、そこに顔写真を載せるのだそうです。
占い師さんは、ご本人自身が商品ですからね。
知名度がある人ならともかく、新たに始める人の顔写真は、占いの依頼が来るかどうかの重要な要素になるでしょう。

占い師さんの写真は、いくつか方向性があると思います。
神秘的な感じ、ゴージャスな感じ、異次元な感じ(笑)
今回は、ご自身の要望もあって、相談しやすい、親しみやすい感じに撮らせていただきました。
髪形はアップと巻き髪の2種類を、うちのヘアメイクさんにやってもらいました。

当店では、何十枚、多いと百何十枚と撮影し、その中から5枚程度を選んでいただき仕上げてお渡しします。
気に入っていただいた写真が多かったらしく、選ぶのに苦労されていました。
今回はレタッチ(写真修正)もご依頼いただきました。レタッチの内容については秘密(笑)です。

ホームページができたら、写真入りで紹介させていただきます。
posted by 写真工房 創 at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 広告写真

2011年11月21日

青春の1ページ

出張撮影で現場へ行くのに、私は事前に必ずGoogleで現地の航空写真を見るようにしています。
現地の様子がわかりますからね。
先日行った彩湖マラソンも同様に見ていた時、ふと昔住んでいた都内某所のあたりを見てみました。
私は大学の3年間と就職してしばらくの間、東京都民だったんです。

昔の記憶をたどりながら、大学の3年間住んだアパートはこのあたりだったなぁと探していたら、なんと昔のままの名前のアパートがあるじゃないですか。
まさか30年も前に住んでいたアパートがあるわけないと思いながら、ひょっとしたらと思って、東京まで車で行く彩湖マラソンの時に行って見ることにしました。

そして当日。仕事の帰りに以前住んでいたアパートの場所を目指します。
すっかり変わってしまった周辺の道に迷いそうになりながらも、ナビのおかげでなんとか近くまで行くことができました。
ああ、この交番、原付の二人乗りで捕まったっけとか、いつも行っていたお風呂屋さんが駐車場になっちゃったとか、その前にあった八百屋さんなくなっちゃったとか、いろいろ思い出しながらアパートに近づいていきます。
そして現地についたら、あれ?アパートないぞ・・・。やっぱり航空写真古かったのかな・・・。

一本路地を間違えていました。

あった、30年前に私が住んでいたアパートです。
93da0892.jpg

30年前もちょっとボロい風呂なしトイレ共同6畳1間の安アパートでしたが、当時のままに今でも残っていたなんて!
私の部屋は1階の手前の部屋でした。
住人もちゃんといるようです。窓がサッシになってる、リフォームしたのかな。
大家のおばちゃん、いい人だったなぁ。まだ健在かな?
あんなこと、こんなこと、30年前の記憶が蘇ります。
ここから、毎日のように六本木のディスコにいったっけ。まさに私の青春の1ページです。

私は歳をとり、周りはすっかり変わっていましたが、そこだけは30年前のままでした。

posted by 写真工房 創 at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類

ピアノ発表会撮影

先日、ピアノ発表会の撮影をさせていただきました。
会場は、市原市民会館、小ホールです。

この手の発表会というと、ビデオと写真のカメラマンが入っていることが多いのです。
ご依頼者の方は、この写真がいつも気に入らないということで、私どもにご依頼をいただきました。

会場に行ってみると、確かに写真屋らしき人がが陣取って撮影しています。
でも、よく見ると機材は?なものです。
やっぱりこういったステージの撮影には最低サンニッパでしょう。
ステージはどうしても暗いので、なるべく明るいレンズでISOを上げずに撮影するのがポイントです。
ISOを上げれば上げるほどノイズが多くなりますから。

4f4b4955.jpg
シャッタースピード1/200、絞り3.2、ISO1250

これでも、けっこうつらいですね。でもまだ許容できるノイズレベルだと思います。
一般的な300mmで解放が5.6とかのレンズだと、F2.8とは2段分違いますから、ISOは5000にもなってしまいます。

それと、その写真屋さんは、同じ位置で撮り続けていましたが、ピアノなどの発表会では、被写体が動かないので、同じ絵ばかりになってしまいます。
このくらいの年齢のお子さんの演奏時間は短い(3〜4分)のですが、私は3か所ほど移動して撮影しました。
259335e9.jpg

変化があっていいですよね。
3枚目なんか、真剣な顔のお子さんの表情も見えて、記念になると思います。
この角度は、ステージに近づいては撮れません。
客席の上の方から望遠で狙う必要があります。

こういった柔軟な対応が私の信条です。
posted by 写真工房 創 at 15:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 発表会写真